お客様からお手紙貰っちゃいました|風俗エステ嬢の本音

風俗エステ嬢の本音〜※個人の感想です〜 サイトマップ

お客様からお手紙貰っちゃいました

現役風俗エステ嬢・ななみが、毎日の出来事やふと思ったこと、嬉しかったことやプライベートまで本音で暴露しています!

お客様から頂いた嬉しいお手紙

現代ではメールやラインが当たり前でお手紙を貰う事ってめっきりなくなりましたよね。
でも、風俗エステで働いているとライン交換とか滅多にしないのでたま〜にお手紙を貰います。

デートに誘われたり熱い告白をされたり、一方的に連絡先を載せてきて連絡しなかったらもう来なくなったとか・・・。
こういうことの方が多いのでお手紙を貰うと実は警戒します。
はっきり言って「え?私に?嬉しい〜後でゆっくり読ませて貰うね☆」と言いながら内心「げっ!」と思っています(笑)

そんな中で本当に心温まったお手紙があったのでご紹介します。(プライバシーもあるので一部脚色しています。)

ななみちゃん いつも明るく笑顔でいてくれて僕のくだらない愚痴も聞いてくれてありがとう。本当に癒されています。
会社で嫌な事があってもななみちゃんに会いに来ると、僕の味方だって言ってくれて僕の良い所を言ってくれてとても嬉しいです。
営業トークであったとしても前向きな言葉をかけてくれるので心身共にスッキリして帰る事が出来ます。
改まってお礼を言うのは照れ臭いので手紙にしましたが本当に感謝しています。 また来月も指名するから辞めないで続けていてね。

という内容でした。 風俗エステってデリヘルと比べると「癒されたい」というお客さんの割合が多い気はします。 でもやっぱり風俗なんです。結局はヌきたいから来てる。

マッサージが上手な子より、こっそり過剰サービスしたりしてる子の方が指名が多かったりする現実の中で 告白とか口説きとかじゃなくて、ただ感謝の気持ちだけの手紙なんてこの時初めて貰いました。

風俗エステだけど、ヌキとかじゃなくて性格とか人格を認めて貰えたような気持ちになりました。
一生懸命やってる事が報われたような感じ。

良客本指名さんは口に出さないだけで皆さん同じような気持ちでいてくれるのかもしれないけれど、 言葉にして伝えてくれるって本当に嬉しいし、明日への活力になりました。

ななみのおススメ☆風俗エステコラムも読めちゃう!
↓全国の風俗エステ総合サイトはココ↓

エステドゥロア

お手紙って嬉しいですよ

お手紙って、便箋とペンを用意して自分の手で書きますよね。やはり嬉しさが違います。
あ、もちろん貰って嬉しいのは感謝の手紙だけですよ(笑)

さっきも言いまいしたが、一方的な連絡先の押し付けや熱い告白を手紙でされても本音は・・・。 うざい・きもい・迷惑です。

男の人ってあんまり手紙なんか書くイメージないですよね。だからなおさら嬉しいんです。

ただ・・・。 お手紙貰うと嬉しいけれど、もしコレを見てオキニに手紙を書いてみようかと考えている人がいたらちょっとまって。

あまりにも字が汚いとかだとがっかりしちゃいそう。感謝といっても内容が重いと辛くなるかも。
手紙なんか書かなくったて風俗エステ嬢に感謝を伝える方法ってとても簡単です。

「気持ち良かったよ。いつもありがとう。また来るね」と言って本当にまた指名してくれる。 これだけでOKです。
ありがとうの一言が、今日の明日の力になります。

連絡先を押し付けてくるお客様

連絡先を聞いても教えてくれない、だから自分の連絡先を書いた紙をエステ嬢に渡す・・・という方法をとる人がいます。

初めの頃はスルーしていましたが、聞かれる事も増えナンバー入りしたこともあってお仕事用のスマホを持ちました。
本来うちのお店は連絡先の交換は禁止です。
そういっても断る労力が半端無くて店長に相談。 格安スマホをお店用に持って、ここでのやりとりはお店の人も見る可能性があるという事を伝えた上でOKなら交換する、もちろん裏引き・店外などは絶対にしない(したくもないし)などの約束をきっちりしてから持ったんです。

はっきりと「仕事用です」と伝えてそれでも良いと言ってくれた本指名客とだけ連絡先を交換するようになりました。

休みの日はスマホの電源切ってます。そう伝えていました。
怒る人もいました。そんなことを聞いているんじゃない、プライベートの連絡先を教えてって言ってるの!とか。
それ、教えてないのと同じじゃん、とか。
知ったからって変なコトするようなヤツだと思ってるの!?とか。
いや、そもそも教えられない規則なんですよぉ・・・。

でも、頑なに断るよりも言い回しが簡単になったので少し気は楽になりました。
このスタンスを貫く事でイイお客様だけが残り、精神的負担はかなり減りました。

仕事とプライベートは風俗嬢だからこそきっちり分けたいです。

私の体は1つです。
休みの日、仕事以外の時間にお客様と連絡を取り合ってたら私の時間はなくなります。

お店用にしているスマホでだって、本当に連絡取りたいお客様なら連絡取ります。
営業メールはいらないって言うなら、こちらは仕事に関係ないメールはいりません。
私の時間を大切に思ってくれないお客様にプライベートの時間を割く気にもなれません。

仲良くなりたいと願って頂けるなら、まずは押し付けるのではなく連絡先を聞きたくなるお客様になって頂きたいと思います。

他の本音も覗いてみる →